【2017年度合格リポート】Q0102 東洋の歴史 第1設題 A判定

閲覧数2,904
ダウンロード数45
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    佛教大学の通信教育課程で、2017年度にA判定にて合格したリポートです。
    コードは、高等学校地理歴史、公民、中学校社会課程のQ0102です。
    コードが違っても、設題が同じ場合はご参考にして頂けるかと存じます。
    第1設題の「(b) 中国史上における王朝交替のなかから一つを選択して、それが起こった政治的・経済的・社会的背景について述べよ。」についてまとめております。
    隋と唐を選択しております。
    あくまでも、参考用としてご利用ください。
    丸写し等は一切禁止されております。
    十分にご注意願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第1設題:次のテーマから一つを選択してリポートしなさい。
     (a) 儒教は中国社会を理解する上で大きな意味をもつ思想である。それを中国の歴代王朝がどのように取り扱ってきたかについて述べよ。
     (b) 中国史上における王朝交替のなかから一つを選択して、それが起こった政治的・経済的・社会的背景について述べよ。
    (b) 中国史上における王朝交替のなかから一つを選択して、それが起こった政治的・経済的・社会的背景について述べよ。
    ・隋と唐の王朝交替
    1.隋と唐
    隋は南北朝を統一した王朝であり、北周の外戚であった楊堅が隋を建国したのは581年の事で、隋の文帝とも呼ばれる。その後589年には南朝の陳を降し、400年近い分裂の時代に終止符を打ち、天下を統一した。隋は、均田制により国力を充実させることで、強力な兵力を有することができた。農業生産力を発達させたことから経済の発達につながり、国力を増加させることが出来たのである。文帝は律令制による国政の基本を整え、君主権を強化し、中央集権体制を推し進めると同時に、後に唐代まで継承されることとなる三省六部などの中央官制や諸制度を定めた。加えて文帝は、郷官を廃..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。