がん 化学療法の看護

閲覧数874
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/03/05 14:05
    • ページ数 : 11ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    化学療法
    化学療法とは
    化学療法とは抗がん剤を用いて癌を治療すること。抗がん剤には癌細胞の増殖を抑えたり、再発や転移を防いだりする効果がある。手術治療や放射線治療が癌に対する直接的・局所的な治療であるのに対し、化学療法ではより広い範囲に治療の効果が及ぶことが期待できる。
    化学療法は転移もしくは転移の可能性がある場合や、広範囲に治療が必要な血液やリンパの癌等にも行われる。
    化学療法は、抗がん剤単独で治療を行うこともあるし、手術治療や放射線治療などの他の治療と抗がん剤治療を組み合わせて行うこともある。
    また化学療法では、1種類の薬剤だけを使う場合と、いくつかの種類の薬剤を組み合わせて治療する場合がある。薬の種類によって内服するものや、点滴や注射のものがある。
    がん化学療法の目的
    ①がんの根治
    ・白血病や悪性リンパ腫、胚細胞腫瘍など、化学療法に対する感受性(効きやすさ)が高く、化学療法によって治癒が期待できるがんに対しては、根治を目的とした化学療法を行う。
    ・治療の強度を高めるために、可能な限り減量せずに本来の投与スケジュールで治療を行うため、ある程度の副作用は許容される。重篤な副作用がしば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。