在宅における緩和ケアの看護師の役割

閲覧数762
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/03/05 14:37
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅における緩和ケアの認定看護師の役割
     5人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎え、人生の最期をどこで迎えるのかという関心が高まっている。日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団や厚生労働省の調査では、最後は自宅でという希望が80%を超えるものの、実際には、希望とは逆に80%の人が病院で亡くなっている。2010年、我が国の在宅看取りは12.6%で、がん患者の在宅看取りはさらに少ないのが現状である。
     緩和ケア認定看護師の役割は、患者や家族への緩和ケアはもちろんのこと、緩和ケアチームの中で、多職種の連携調整役として、また在宅主治医、訪問看護ステーションなどの地域との連携をはかることで、がん患者によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。