東北福祉大学 障害者福祉論4単位目

閲覧数2,680
ダウンロード数13
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    援助者に求められる価値観や倫理についてまとめなさい。また、それらを踏まえ、「障害者が自分らしく生活するということ」や自立支援のあり方について、身近な体験やあなたの考えなどをもとに考察した内容

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    援助者に求められる価値観や倫理についてまとめなさい。また、それらを踏まえ、「障害者が自分らしく生活するということ」や自立支援のあり方について、身近な体験やあなたの考えなどをもとに考察しなさい。
    障碍者を支援する援助者に求められる価値観や倫理はその当事者それぞれに考え方は十人十色違いがある。障碍者を「差別」「偏見」「スティグマ」といったマイナスイメージはだいぶ減ってはいるものの、私自身、この障害者福祉論を学ばなければ、障碍者を偏見で見ていたと思う。それは大きな間違いであり、障碍者を全然理解できていなかったと今では反省している。では、私が援助者の立場になった場合、求められることとして次の四つを重要と考える。
    「人権の尊重」
    人権の尊重とは日本国憲法の三大原則の一つでもあり、「すべての人間が,人間の尊厳に基づいて持っている固有の権利」である。障碍者も一人の人間であり、特別な人間ではなく、個人的先入観や価値観で見てはならない。例えば、精神障碍者だから何を言っているかよく理解できない。だから、話しかけられても無視するなどの差別的な行為はあってはならない。理解云々の問題ではなく、あくまで人権は守ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。