W0773 相談援助の基盤と専門職

閲覧数2,727
ダウンロード数19
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    w0773 相談援助の基盤と専門職

    レポートA評価、試験90点。

    科目最終試験の答案まとめ6題です。
    テキストに即して800-1000字前後でまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    W0773 相談援助の基盤と専門職
    ①地域を基盤としたソーシャルワークの意義と視点及び専門的機能について述べよ。
    ②これからの社会福祉士に求められる役割と専門性について述べよ。
    ③ソーシャルワーク実践と権利擁護について述べよ。
    ④ソーシャルワークの定義とその構成要素について述べよ。
    ⑤ソーシャルワーク実践を支える基盤としての、価値や理念、倫理について述べよ。
    ⑥ソーシャルワークにおける専門分化と統合化の歴史的推移とその内容について述べよ。
    ① 地域を基盤としたソーシャルワークの意義と視点及び専門的機能について述べよ。
    地域を基盤としたソーシャルワークの視点として、第一に、本人の生活の場で援助を展
    開することである。これにより、クライエントの「問題」ではなく、「生活全体」に焦点を
    当てた援助が可能となる。また、環境と本人との一体的支援により、システムとしての全
    体的変化を促すことができる。さらに、本人の生活の場で援助を展開することによって、
    援助機関がクライエントシステムに長期的な働きかけができる点に意義がある。
    第二に、援助対象の拡大である。現代社会では、引きこもりや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。