特別活動の指導法(2単位目)

閲覧数386
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/04/12 17:41
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動の指導法(2単位目)
    【1、学級活動のねらいや特質についてまとめなさい。また、学級活動の内容として挙げられている次の(1)、(2)の2つについて、あなたならどのように展開するかを解説しなさい。
    (1) 学級や学校の生活づくり
    (2) 日常の生活や学習への適応及び健康安全
     学級活動とは特別活動の一つであり、特別活動とは、学級活動の他に、「児童会活動」「クラブ活動」「学校行事」から成り立っている。特別活動のもつ特質としては、望ましい集団活動を通して、「個性の伸長」「集団の一員としての自覚」「協力すること」、その中で、自主的、実践的な態度などが身につくことである。その特別活動もそれのみで目標を完遂していくことはできない。1.各教科2.道徳3.外国語活動4.総合的な学習の時間5.特別活動と、この5つを連携させながら、教育基本法第1条の人格の完成という目標を達成していかなければならない。
     学習指導要領における学級活動の目標は「学級活動を通して、望ましい人間関係を形成し、集団の一員として学級や学校におけるよりよい生活づくりに参画し、諸問題を解決しようとする自主的、実践的な態度や健全な生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。