地理歴史科教育法Ⅱ 分冊1

閲覧数592
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【報告課題】
    ②授業時における教案(時案)は、教師自らの指導案研究を経て組み上げられることが
    望ましく、各単元や項目に関する教案のヒナ型などは存在しない。そこには、教師の地理
    的な能力が具現化されるとともに、生徒の地理への興味関心にまで影響をもたらす。これ
    らを認識した上で、各自が一段減(50分授業)を想定した時案を展開させること。なお
    、扱うテーマは、教科書(高校)や学習指導要領から任意に選出すること。
    生徒の地理への興味や関心に影響を与えるために扱うテーマとして、高等学校学習指導
    要領(地理歴史)の地理 A に示されている「(2)地域性を踏まえてとらえる現代世界の
    課題」を単元として、その中にある「イ 地球的課題の地理的考察」を選出する。この単
    元では、さらに「(ア)諸地域からみた地球的課題」と「(イ)近隣諸国や日本が取り組む
    地球的課題と国際協力」が設定されている。その中から、(ア)に関係する「世界の人口
    問題」について授業で取り扱いたいと考える。この授業計画として、世界の人口問題は全
    4時間として扱い、本時はその1時間目として授業を展開する。本時以外について、2時
    間目は人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。