慶應通信 合格レポート 民法

閲覧数823
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    慶應通信 合格レポート
    課題概要:「契約自由の原則」「過失責任の原則」それぞれの内容について課題と修正を整理して論じろ
    ※あくまで参考としてご活用いただき、丸写し等はご遠慮ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法

    19 世紀のはじめ制定されたフランス民法以来、各国の民法には「自由の原則」といえる 3
    原則が採用されている。それは、契約自由の原則、所有権絶対の原則、過失責任の原則であ
    る。
    しかし、これらは近代法の特色を示す原則であるが、19 世紀の社会にあてはまりえても、
    20 世紀以降の社会には妥当しなくなってきた。本レポートではその中でも契約自由の原則と
    過失責任の原則について、それぞれの内容説明、及び現代社会における課題と修正について
    第1章、第2章で論じる。
    第1章:契約自由の原則
    本章では、契約自由の原則について、内容説明、及び現代社会における課題と修正につい
    て述べる。
    まず、契約自由の原則の内容について説明する。
    民法は、我々市民は他律的に決められたルールに従って生きていくのではなく、少なくと
    も「個人と個人の生活関係」を形作る上では、自分たちの意思でルールを作り、自律的に生
    活していくのが理想であると考えている。これを、意思自治の原則とか、私的自治の原則と
    呼ぶ。そして個々のルール(債権関係)を公序良俗に反しない限りで、自由な意思の合致によ
    る自由な契約を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。