病や障害がある人が、生きにくと感じてしまう社会障壁について

閲覧数190
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    病や障害がある人が、生きにくいと感じてしまう社会障壁について指摘し、それを解決するための方策を述べよ。 1000字。
     はじめに、日本においては身体障害者の増加と共に雇用対策も物理面においてさまざまな視点から促進されている。しかしながら、障害者の労務管理にあたっては、障害者自身の障害を正しく理解し、能力を最大限に生かすということももちろん大切であるが、それ以上に障害者の心理的な知見、すなわち障害者の心理状態の把握やコミュニケーションの図り方に重要な問題がある人が豊かな地域生活をおくるためには、就労・雇用の場、所得、住まいの場、仲間作りや生涯学習の場の確保と選択肢の充実、参加と自己決定の機会の保障が欠かせない。これは、当然のことながら、障害のある人たちにとっても同じことである。同時に、障害のある人たちに対しては、障害による困難を補うに足る配慮や支援を伴った質と量を備えたものでなければならない。

    タグ

    福祉日本情報企業社会心理発達学校障害障害者

    代表キーワード

    社会福祉障害

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病や障害がある人が、生きにくいと感じてしまう社会障壁について指摘し、それを解決す
    るための方策を述べよ。 1000 字。
    はじめに、日本においては身体障害者の増加と共に雇用対策も物理面においてさまざま
    な視点から促進されている。しかしながら、障害者の労務管理にあたっては、障害者自身
    の障害を正しく理解し、能力を最大限に生かすということももちろん大切であるが、それ
    以上に障害者の心理的な知見、すなわち障害者の心理状態の把握やコミュニケーションの
    図り方に重要な問題がある人が豊かな地域生活をおくるためには、就労・雇用の場、所得、
    住まいの場、仲間作りや生涯学習の場の確保と選択肢の充実、参加と自己決定の機会の保
    障が欠かせない。これは、当然のことながら、障害のある人たちにとっても同じことであ
    る。同時に、障害のある人たちに対しては、障害による困難を補うに足る配慮や支援を伴
    った質と量を備えたものでなければならない。
    更には、長引く不況により、これまで一般就労で努力してきた知的障害者の中にリスト
    ラ等により職を失うケースが増えている。一方、授産施設などの障害者の就労促進施設で
    は、比較的障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。