【最新2019~2022年度】日本大学通信 外国史 外国史概説 課題1,2(分冊1,2) 合格レポート

閲覧数329
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員1,210円 | 非会員1,452円

    資料紹介

    ■日本大学通信教育部

    ・科目:外国史, 外国史概説

    ・課題1:アメリカ独立革命について述べなさい。
    <ポイント>アメリカの植民地の状態、本国政府の制作、独立運動、思想的背景などに重点をおいて、独立運動に至る歴史的背景、独立までの経過、および影響について簡潔に述べること。
    <キーワード>重商主義、課税権、コモン・センス、憲法
    <参考文献>『世界の歴史<21>アメリカとフランスの革命』五十嵐武士他(中公文庫)、『コモン・センス他三編』トーマス・ペイン(岩波文庫)

    ・課題2:孫文及び辛亥革命について論述しなさい。
    <ポイント>孫文の革命思想、辛亥革命の経緯、辛亥革命の歴史的な意義
    <キーワード>孫文、三民主義、中国同盟会、武昌蜂起、中華民国臨時政府
    <参考文献>『辛亥革命』野沢豊(岩波新書)、『現代中国の歴史』久保敦(東京大学出版会)、『シリーズ中国近現代史② 近代国家への模索』川島真(岩波新書)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国史概説
    課題1:アメリカ独立革命について述べなさい。
    <ポイント>アメリカの植民地の状態、本国政府の制作、独立運動、思想的背
    景などに重点をおいて、独立運動に至る歴史的背景、独立までの経過、および
    影響について簡潔に述べること。
    <キーワード>重商主義、課税権、コモン・センス、憲法
    <参考文献>『世界の歴史<21>アメリカとフランスの革命』五十嵐武士他
    (中公文庫)、『コモン・センス他三編』トーマス・ペイン(岩波文庫)
    アメリカの植民地は、豊富な資源や土地に対してさまざまな技術や労働力が
    導入されてことや、イギリス本国政府のアメリカ植民地の貿易活動を、航海法
    によって重商主義的に規制することすることで発展し、その人口は1770年
    には214万人ほどに達した。ただし、イギリス本国政府の統治はきわめてゆ
    るやかであったため、植民地では密貿易が横行し、政治的にも人々は大幅な自
    治を享受しており、18世紀の中盤になると、植民地人は大規模な西部開発に
    も意欲的に取り組んでいった。
    また、中部植民地にはイギリス以外のさまざまな国からの植民者による多民
    族社会が形成されたことから、植..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。