【最新2019~2022年度】日本大学通信 人文地理学概論 課題1,2(分冊1,2) 合格レポート

閲覧数505
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員1,210円 | 非会員1,452円

    資料紹介

    ■日本大学通信教育部

    ・科目:人文地理学概論

    ・課題1:日本における都市の特徴は「歴史的重層性」を有していることであるという。また、それゆえに現代において歴史的景観がみられる都市の保全をいかに行うべきかについて、法規制を含めて議論されている。そこで、日本における大都市の発展過程について整理するとともに、歴史的景観保持の施策・方法について具体的事例(教科書以外の都市<川越・鎌倉・鹿沼・横浜以外>)を挙げて説明しなさい。(教科書以外の参考文献を複数呈示することがレポートの条件。ネット検索NG)

    <ポイント>
    1.近世都市が近代・現代における都市化の過程で、どのように展開してきたか、またその都市中心地の変容等についてまとめること。
    2.近世以来の歴史的景観が保持されている都市に注目し、現在それがどのように保全されつつあるかについて整理すること。
    <キーワード>城下町・歴史的慣性・中心地の移動・歴史的風土保全・町並み整備
    <参考文献>教科書章末文献リスト参照


    ・課題2:都市化現象は各国の経済・社会の発展状況によって特徴を示している。そこで、発展途上国と先進国における都市化過程と都市問題について、それぞれ具体的事例国を選択して解答しなさい。(ただし、教科書の引き写しは厳禁)(教科書以外の参考文献を複数呈示することがレポートの条件。ネット検索NG)

    <ポイント>
    1.都市化の定義についてまとめるとともに、発展途上国については人口の急増と都市への集中化とそれに伴う都市問題について、また先進国については都市機能の高度化と都市域の拡大過程に伴う土地利用転換過程についてそれぞれまとめること。
    2.発展途上国についてはアジア諸国、また先進国については日本について取り上げることが望ましい。
    <キーワード>都市人口の増大、スラムスコッター、都市政策、都市近郊地域、スプロール化
    <参考文献>教科書章末文献リスト参照

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人文地理学概論
    ・課題1:日本における都市の特徴は「歴史的重層性」を有していることであ
    るという。また、それゆえに現代において歴史的景観がみられる都市の保全を
    いかに行うべきかについて、法規制を含めて議論されている。そこで、日本に
    おける大都市の発展過程について整理するとともに、歴史的景観保持の施策・
    方法について具体的事例(教科書以外の都市<川越・鎌倉・鹿沼・横浜以外>)
    を挙げて説明しなさい。(教科書以外の参考文献を複数呈示することがレポート
    の条件。ネット検索 NG)
    <ポイント>
    1.近世都市が近代・現代における都市化の過程で、どのように展開してきた
    か、またその都市中心地の変容等についてまとめること。
    2.近世以来の歴史的景観が保持されている都市に注目し、現在それがどのよ
    うに保全されつつあるかについて整理すること。
    <キーワード>城下町・歴史的慣性・中心地の移動・歴史的風土保全・町並み
    整備
    <参考文献>教科書章末文献リスト参照
    日本の都市の特徴は、過去の都市の位置と重複するように現代都市が形成さ
    れる歴史的重層性を有する点にある。宿場町は中世の鎌倉街道に起源..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。