税法1

閲覧数368
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    合格リポートです。あくまで参考にご使用下さい。不合格になった際も責任は負いかねます。

    租税法律主義の原則を説明し、その現代性と法的機能について論じなさい。

    参考文献:『納税者の権利』、『現代税法講義[四訂版]』、租税法[第21版]

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    税法(科目コード K31500)課題1 横書解答 租税法律主義の原則を説明し,その現代
    性と法的機能について論じなさい。
    税法 課題1 ポイント・キーワードと参考文献
    ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉 租税法律主義の意義,憲法原則・条文との関係,2つの基底的原則,7
    つの具体 的法理,自由権的権利保障機能,現代的意義,租税立法権濫用からの権利保障,
    正しい国家活動を前提とした納税義務の限界と権利保障,納税者基本権,等。 〈キーワー
    ド〉 租税法律主義の意義,憲法原理・条文 7つの具体的法理,伝統的権利保障機能
    と現代,納税者基本権 〈参考文献〉 『納税者の権利』北野弘久著(岩波新書)
    租税とは、「国または地方公共団体がその必要な経費に充てる為に、国民から反対給付な
    しに強制的に徴収する金銭給付である」というようなニュアンスで定義されている。国民
    の富の一部を国家の手に移すものである為、その賦課・徴収は法律の根拠に基づいて行わ
    れなければならない。換言すると、法律の根拠に基づくことなしには、国家は租税を賦課・
    徴収できず、国民は租税の納付を要求されることはない。この原..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。