【佛教大学】Z1001【日本国憲法】【第1設題】A判定

閲覧数267
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001 日本国憲法 第1設題
    (1)
    設 題:法 の下 の平等 につい て
    序章
    日 本 国 憲 法 は、相当詳 しく 規定を 設けて いる 。1 4条1項 では 、「すべ
    て の国民 は、 法の下 に平等 であり 、人 種、信 条、性 別、社会 的身分 又は
    門 地によ り政 治的、経済 的又は 社会的 関係に おい て差別 され ない 。」と明
    記 されて いる 。こ れは 、近代 憲法 の不可 欠の部 分と言 っても いいだ ろう 。
    ま た近代 は、 平等権 の確保 のため に歩 みを進 めてき た。明治 憲法で も平
    等 権を無 視し てはい なかっ たが、 華族 の特権 や男女 不平等が 目立ち 、平
    等 原則は 充分 に表現 されて はいな かっ た。こ れら平 等の理念 は人権 の歴
    史 におい て、 自由と ともに 個人尊 重の 思想に 由来し 、常に最 高の 目 的と
    さ れ、近 代立 憲主義 を確立 する促 進力と なっ たので ある。
    本 レ ポ ー ト では、 自由と 平等の 関係 、実質 的平等 と合理的 差別、 平等
    の 具体的 な内 容、平..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。