桜島について

閲覧数184
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    桜島を地学的にまとめたレポートです。
    地質、火山、地震に関する内容をまとめました。
    文系の方向けです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    桜島について
    1. はじめに
    私は今回鹿児島県の桜島について調べることにした。主な理由は第 12 回の再生可能エネ
    ルギーの部分にある地熱発電に目が留まったからである。しかし他の講義で地熱発電のレ
    ポートをつくったので、エネルギー源となるマグマを持つ火山について調べてみたいと思
    う。桜島を挙げた理由としては現在でも火山活動が活発であり、よくニュースなどで取り
    上げられているからだ。桜島の歴史や現状を知り、周囲への影響や防災について深く考え
    て行きたい。
    2. 桜島の火山活動
    2-1.桜島の地理
    桜島は九州南部鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)に存在する、面積約 80km ²、周囲約 52km
    北岳・南岳の 2 つの主峰から成る複合火山である。以前は名前の通り島であったが、1914
    年の大正噴火で流れた溶岩によって海峡が埋め立てられ現在は陸続きとなっている。現在
    も小規模ではあるが噴火を繰り返しており、周辺には火山灰が良く降っている。また海を
    挟んで約 4km のところには人口約 60 万人の鹿児島市街地が存在し、またバスやフェリー
    などの交通手段も多い。そのためか近年では外国人観光..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。