東洋史学 ヤクザと指詰め

閲覧数286
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    ヤクザにおける指詰めをまとめたレポートです。
    指詰めを歴史的にまとめました。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヤクザにおける指詰めと小指について
    ここ最近なにかとニュースでよく見るのが某暴力団組織の分裂やら抗争の話題だ。自分
    には関係ない話だと思い高校までスルーしていたが、高校時代の通学途中にある建物が警
    察の 24 時間監視体制にありいつも私服警官がいると親から聞き、意外と身近な問題なのだ
    と感じるようになってきた。そんなヤクザだが、昔から組員が組から抜けるときや何か重
    大なミスをしたときには小指を切り落とすというしきたりがあるのは知っている人は多い
    だろう。しかしなぜ小指なのか、そして今でも行われているのかといった指詰めについて
    調べてみた。
    まず指を切り落とすことは指詰めと言い、肉体的苦痛を強制する私的制裁、私刑(リン
    チ)の 1 つである。前述したとおりヤクザにおける謝罪や組の脱退、紛争の調停・誠実の
    証として行われることが多い。指を詰めることは真実を尽くすことを意味し、詰めた指は
    相手に差し出すか見せることが一般的である。現在でも指詰めは行われているものの、指
    を詰めても特に利益にならないなどの理由から指詰めが行われることは少なくなっている。
    指詰めの起源については武家社会の誓文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。