日本における恐竜の化石について

閲覧数211
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日本の化石についてまとめたレポートです。
    日本で発掘される化石の種類や傾向についてまとめました。
    文系の方向けです。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における恐竜の化石について
    1.はじめに
    太古の地球では恐竜や植物など今の地球とは異なる生態系が存在していたとされている。
    そのような昔の様子を調査するのに重要なさまざまな資料の1つとして化石がある。化石
    とは生物の遺骸や生物が生命活動を行っていた痕跡であり、それらが何らかの形で地層か
    ら発見されたものである。遺骸などは地層に閉じ込められると肉などは普通失われ、骨や
    歯など比較的硬い組織の部分が化石となることが多い。それら化石は全世界では多くの数
    が発見されている。しかし日本では貝などの小さい化石の発見は聞くが、大きな恐竜など
    の発見はゼロではないにしろほとんど聞かない。日本で発見された恐竜とはどんなものな
    のか、そしてなぜ日本では恐竜の化石発見が少ないのかについて調べてみる。
    2.なぜ日本における恐竜発見数が少ないのか
    前述したように、日本における恐竜の発掘数は少ない。少ないと言っても歯や骨の一部
    などの発掘はそれなりにあるため、ここで言う数の少なさとは全身骨格の全てまたはその
    大部分の残っている化石のことである。海外での発掘例を挙げると、アメリカでは有名な
    ティラノサウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。