【日大通信】税法(K31500)課題1【2019~2022年度】

閲覧数230
ダウンロード数11
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【日大通信】税法(K31500)課題1【2019~2022年度】

    税法課題1の合格リポートです。

    実際に当方が提出して合格した内容そのままのものをアップロードしています。
    講評で指摘された内容等は修正しておりません。

    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
    ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】2019~2022 年度リポート課題
    税法(科目コード K31500)課題1
    租税法律主義の原則を説明し,その現代性と法的機能について論じなさい。
    〈ポイント〉
    租税法律主義の意義,憲法原則・条文との関係,2つの基底的原則,7つの具体的法理,
    自由権的権利保障機能,現代的意義,租税立法権濫用からの権利保障,正しい国家活動を前
    提とした納税義務の限界と権利保障,納税者基本権,等。
    〈キーワード〉
    租税法律主義の意義,憲法原理・条文
    7つの具体的法理,伝統的権利保障機能と現代,納税者基本権
    近代国家の税金は、自己の同意しない税金は納めないという原則から、すべて国民代表議
    会の同意を受けることとされた。これが租税法律主義の原則である。租税法律主義の原則は
    憲法上の原理であり、租税立法上の原理であると同時に、税法の解釈・適用法の基本原理で
    ある。憲法 84 条は財政の観点から、憲法 30 条は国民の納税義務の観点から租税法律主義
    を規定している。税法の規定が憲法の人権条項などに具体的に違反しない、つまり違憲では
    ないとした場合の、当該税法の解釈・適用上の基本的指導法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。