【日大通信】税法(K31500)課題2【2019~2022年度】

閲覧数228
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【日大通信】税法(K31500)課題2【2019~2022年度】

    税法課題2の合格リポートです。

    実際に当方が提出して合格した内容そのままのものをアップロードしています。
    講評で指摘された内容等は修正しておりません。

    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
    ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】2019~2022 年度リポート課題
    税法(科目コード K31500)課題2
    「実質課税の原則」が現行法下で成立するか否か検討し,同「原則」の法イデオロギーと
    しての性格を論じなさい。
    〈ポイント〉
    実質課税原則の意義,7 つの類型分析と実質課税論の実態,実質課税論の機能と租税法
    律主義との関係,法現象としての実質課税論とその正体
    〈キーワード〉
    借用概念,租税回避行為と仮想行為,所得の帰属,違法所得,租税特別措置
    租税法の解釈・適用上の指導法原理として租税法律主義とは別個の原理として、実質課税
    の原則が存在すると主張される。租税法の領域においては形式的な事柄にとらわれないで、
    実質・実態に即して法の解釈・適用を行うべきであるという原則である。この原則は租税法
    律主義とは別個の、租税法に内在する、租税法に固有の原則であると主張され、負担公平原
    則というものを租税法学の世界で専門的概念でもって表現したものにすぎない。負担公平
    原則が租税法の解釈・適用上因るべき指導法原理にならないのと同じように、この実質課税
    の原則も租税法の解釈・適用上の指導法原理とはなり得ない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。