日大通信 2019〜2022年度 交通論 分冊2 合格レポート

閲覧数307
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,980円 | 非会員2,376円

    資料紹介

    日大通信 2019年〜2022年度 交通論 分冊2 合格レポート

    当レポートは2019年に合格したものです。
    あくまで参考程度としてお使い下さい。
    丸写しなどはご遠慮下さいませ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 2019〜2022年度 交通論 分冊2 合格レポート
    21世紀は観光の世紀と言われて久しい。世界観光機関UNWTOが発表した2017年度の海外旅行
    者数は13億人を突破した。2030年には、海外旅行者数が18億人を超えると予想されている。
     そのような中、世界中の航空会社はアライアンス提携を行なうなどネットワークの充実化を
    図っている。一方、アライアンスを越えた提携も行われている。また、LCC格安航空会社の進
    展もあり、航空会社やアライアンス提携がどの様になっていくか論じなさい。
    〔ポイント〕
    ,アライアンス2,LCC 3,アライアンスを越えたコードシェア
    〔キーワード〕
    ワンワールド、スターアライアンス、スカイチーム、LCC、コードシェア
     
     アライアンスとは複数の企業がお互いの利益のために協力し合い、経営する体制である。航空会
    社におけるアライアンスとは航空会社企業同士の業務提携を指す。グローバルに展開する代表的な
    航空アライアンスとして挙げられるのがスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームのつ
    である。日本の大手航空会社ではJALがワンワールド、ANAがスターア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。