社会福祉論 設題2

閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2017年度 社会福祉論 設題2:生活保護制度における8つの扶助について簡潔に説明し、最後にあなたが考える健康で文化的な生活について述べてください。


    ★豊岡短期大学で一発合格のレポートです。

    社会に出てから勉強を始めた私ですが、短大の三年間でレポート一度も落としたことありません。これから保育資格を目指す方や、レポートを初めて書かれる方のお役に立てたら幸いです。

    評価オールAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2:生活保護制度における8つの扶助について簡潔に説
    明し、最後にあなたが考える健康で文化的な生活について述
    べてください。
    まず初めに、「生活保護法」とは日本国憲法第25条の規定に
    基づいたものであり、「最低限の生活保障」と「自立の助長」の
    2つの目的が規定されている。そして、制度には4つの基本原
    理と4つの基本原則が定められている。
    〈基本原理〉
    「①国家責任の原理・②無差別平等の原理・③最低生活保障の原
    理・④補足性の原理」であり、これらは「生活保護」の考え方
    及び運用の基本である。
    〈基本原則〉
    「①申請保護の原則・②基準及び程度の原則・③必要即応の原
    則・④世帯単位の原則」であり、これらは「生活保護」の具体
    的な実施のために運用上定められたものである。
    次に、「生活保護」は8種類に分類されており、各扶助には、
    厚生労働大臣が日本国憲法第25条に則り、扶助の基準を設定
    している。種類については、以下の通りである。
    〈毎月支給されるもの〉
    「①生活扶助(基本的な生活費)・②住宅扶助(家賃や地代な
    ど)・③教育扶助(中学校卒業まで必要な教材費や給食費など)」
    〈..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。