臨床心理学 3単位目 良評価

閲覧数218
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    臨床心理学 3単位目         皆様の参考の一助になれば幸いです。  「(心理的)アセスメント」とは何であるかを記載したうえで、その主たる3つの方法を挙げ、それぞれについて説明しなさい。また、医療領域における心理アセスメントにおいて、心理検査が使われる状況をひとつ想定し、その際に使用する心理検査を心理アセスメントの目的として合わせて選択し、それを選択した理由を述べよ。 という課題についてのレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    臨床心理学 3 単位目
    「(心理的)アセスメント」とは何であるかを記載したうえで、その主たる3つの方法を挙
    げ、それぞれについて説明しなさい。また、医療領域における心理アセスメントにおいて、
    心理検査が使われる状況をひとつ想定し、その際に使用する心理検査を心理アセスメント
    の目的として合わせて選択し、それを選択した理由を述べよ。
    アセスメントの本来の意味は評価や判断などであるが、心理アセスメントは本来の意味
    とは少し異なり、面接・観察・心理検査を用いてクライエントの全体像を理解する作業で
    ある。心理アセスメントは、クライエントの生活を理解し、社会に対して適応支援を行う
    ことが目的となっている。そのため、なによりもラポール形成は重要となる。
    心理アセスメントを行う際の主たる方法として「面接法」「観察法」「検査法」の三つが
    ある。まずは、面接法である。面接法は、クライエントのおおまかな全体像を聴取し、情
    報として理解することにある。例えば、クライエントの年齢や性別、成育歴や家族構成、
    学校や職業、クライエントが抱えている問題にまつわるエピソードなどを知ることができ
    る。それによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。