刑法Ⅰ 課題1

閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    正当防衛と緊急避難それぞれの要件について述べた上で,両者を比較しその共通点と相違点について論じなさい。
    参考文献:『刑法総論第3版』、『刑法総論第2版』、『講義刑法学・総論』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法Ⅰ(科目コード K20300 )課題1 横書解答 正当防衛と緊急避難それぞれの要件につ
    いて述べた上で,両者を比較しその共通点と相違点について論じなさい。
    刑法Ⅰ 課題1 ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉 正当防衛と緊急避難が成立するための要件と効果についての理解が基本で
    ある。 両者の性格の共通点と違いについてよく考え,整理する必要がある。どのような場
    合に,なぜ犯罪の成立が阻却されるのか,要件が異なる理由は何かという点が重要である。
    とくに,両者の構造的相違が法的効果に投影していることの理解が不可欠である。 〈キー
    ワード〉 違法性阻却事由,緊急正当行為,補充の原則,法益の均衡 〈参考文献〉 『刑
    法総論』山口厚(有斐閣) 『刑法総論』西田典之(弘文堂) 『刑法講義総論』前田
    雅英(東大出版会
    刑法の総則には、正当防衛(36条)及び緊急避難(37条)が規定されている。この
    両者は、緊急状態において、法益を保護するために行なった構成要件該当行為の違法性阻
    却を認める緊急正当行為である。
    正当防衛とは、「急迫不正の侵害」に対して「自己又は他人の権利を防衛するた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。