憲法 分冊①

閲覧数148
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    タグ

    代表キーワード

    法学憲法教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本国憲法は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」(二十
    五条一項)と規定し、当該規定は生存権に関するものと解されている。そこで、その法的
    性格につき「朝日訴訟」、「堀木訴訟」及び学説を元に検討する。以下、判例における原告
    を X、被告を Yとする。
    「朝日訴訟」では、Xは肺結核患者として療養所に入所し、月六百円の日用品費の生活扶助
    と給食付医療扶助とを受けていた。しかし実兄より毎月千五百円の送金を受けるようにな
    ったため、市は生活扶助を打ちきり、上記金額から日用品費を控除した残額九百円を医療
    費の一部として Xに負担させるよう保護変更決定をした。これを受け、Xは Yに不服申し立
    てを行ったが、これが是認されるに至ったため、東京地裁に Y が下した不服申立却下裁決
    の取消しを求める裁決取消請求訴訟を提起した。
    第一審ではYによる保護基準の設定は羈束裁量行為であるとし、Xの主張を認容した。また、
    本件保護変更決定は違法であるとして、Yの不服申立却下裁決を取り消した。
    第二審では、Yによる保護基準の設定は羈束裁量行為ではあるが、月六百円の基準金額は低
    額では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。