保健体育講義Ⅰ

閲覧数274
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    タグ

    代表キーワード

    保健体育講義保健体育教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本リポートでは、身長発育速度ピーク年齢、いわゆるPHV年齢について、「PHV年齢
    以前」「PHV年齢期」「PHV年齢以降」の三段階に分けて論ずる。
    まず、「PHV年齢以前」について考える。人間の場合、生後まず成長するのは脳・神経
    であり、機能の発達としても神経系機能が最も早い。この機能の成長のピークは 3 6 歳
    頃であり、古くから日本の古典芸能の稽古を六歳頃に始める風習があるのも、神経機能の
    発達のピークに合わせるという意味を持っている。
    また、スポーツにおいても、この神経機能の発達が盛んな時期に基礎的な技術を身に着け
    るのが効果的である。一般的には、この時期は短期間の練習で自転車に乗れるようになる
    子が多いが、成人してからの練習では乗れるようにならない、もしくは一定の時間を要す
    る者が多い。これも神経機能の発達が目覚ましい時期特有のものである。
    私自身は運動が不得意で、自転車に乗れるようになったのは小学校高学年の頃だった。し
    かし、6 歳くらいの頃は周囲の子供達がどんどん補助輪を外して自転車に乗れるようにな
    るのを、羨ましい想いで眺めていた記憶がある。これも、大多数の人間が神..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。