【日大通信】国語科教育法Ⅰ

閲覧数290
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    日大通信の国語科教育法Ⅰの合格レポートです。課題は「ジャンル別教材の指導例として、小説・評論・詩歌・古典の別にそれぞれ述べなさい」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本リポートではジャンル別教材の指導例を、小説・評論・詩歌・古典の別に考察し論ずる

    はじめに小説について、「走れメロス」を例に挙げて考える。
    〈教材観〉本教材は、複数の登場人物の視座から多面的に作品を捉えることが出来、その
    心理描写や情景描写の表現の多彩さから学習者の想像力を豊かにするといえる。
    〈指導例〉
    (1)教員が朗読し、学習者は作品から受けた印象をメモする。(2)初読とは別の視座や、
    テクストの細部に注目をしながら再読し、初読との印象の違いや新たに発見した点をメモ
    する。
    (3)再読を経て作品の印象がどのように変わったかをまとめ、学習者同士で発表する。
    〈留意点〉小説の学習では複数の視座を移り渡る経験が重要だ。これには学習者の「自己
    の残余」を照らし出す働きがある。
    また、この作品は初読にて「友情と信頼の物語」と捉えやすいが、授業では小説の物語化
    ではなく、学習者が築いた物語を崩して再構築することが重要である。再読の際は、テク
    ストの細部やメロス以外の視座に注目する必要がある。その中で新たな発見をした時、自
    らになじみの見方・考え方を「異化」し、学習者が今まで意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。