2018課題 親族法

閲覧数191
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,320円 | 非会員1,584円

    資料紹介

    【問題】
    内縁・事実婚のカップルに対する法的保護について、法律婚カップルと比較しながら説明してください。子供の地位や財産関係について触れること。

    あくまでも参考程度でお願いします。

    タグ

    家族法親族法内縁事実婚法律婚

    代表キーワード

    法学法律親族法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートは、2018年の課題とする。
    【問題】
    内縁・事実婚のカップルに対する法的保護について、法律婚カップルと比較しながら説明
    してください。子供の地位や財産関係について触れること。
    はじめに
    男女の関係には様々な形態があり、社会制度としての婚姻から性関係を継続するだけの
    関係、同棲、事実上の夫婦としての関係と、本当に多岐にわたっている。民法では、端的
    に保護する男女の関係は、法律主義であって、婚姻以外の関係は特に規定していない。
    しかし、婚姻外の男女の関係を法の保護の外においておくことは、当事者の一方の名誉
    を傷つける事や損害を与えたままとなり、社会的地位が男女の平等とは言えなくなる恐れ
    があることから、判例・学説は、法解釈上、一定の法的保護・法的効果を与えるべく解釈
    論を展開してきた。
    本レポートでは、法律上の婚姻と内縁・事実婚とを比較しながら、内縁・事実婚の法的
    保護と子供の地位、財産について説明していく。
    第1章 法律上の婚姻と内縁・事実上の婚姻
    1、内縁と内縁の成立要件
    内縁は、法律上に婚姻しているとは認められない。内縁とは、法律の婚姻成立要件(届
    出主..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。