WE1020法学2(日本国憲法)1単位目

閲覧数861
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学、合格レポートです。お役に立てれば幸いです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    2014年度~
    WE1020法学2(日本国憲法)1単位目
    『法学』北岡勲・児玉誠著(明星大学)
    1. 現代憲法の特色
    2. 国民の権利と義務

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2014 年度~
    WE1020 法学2(日本国憲法)1 単位目
    『法学』北岡勲・児玉誠著(明星大学)
    1.現代憲法の特色
    2.国民の権利と義務

    17-19世紀にかけて欧米諸国と日本は近代憲法を成立させる。近代憲法には次の 3 点の共通原則
    がそんざいしている。
    1 点目が国民の政治参加の原則(国民主権)。これは国民が直接または間接的に国家意思の形成に参与
    し国政に参加することを認めるものであり、近代憲法成立のための最も基本的な条件である。2 点目が基
    本的人権保障の原則。これは国家からの国民の自由を意味する自由権が中心であり、例えば、思想、言
    論、人身、財産権の不可侵などがそれにあたる。3 点目が権力分立の原則。これは国家権力の集中を排除
    するために権力を各々別の者に担当させ、それにより国家の権利・自由を擁護しようとするものである。
    自由国家の理念の下成立した近代憲法では、国民の自由が強調され、国家は可能な限り国民の自由に
    干渉しないとする消極的機能が期待された。しかし、19 世紀後半の資本主義の高度化に伴い社会的矛盾
    が激しくなると従来の消極的な自由国家では社会問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。