PB2140初等理科教育法1単位目

閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部合格レポートです。お役に立てれば幸いです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    2015年度~
    PB2140初等理科教育法1単位目
    『未来の科学教育』板倉聖宣(仮説社)
    1.「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」にてついて、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    2.「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2015 年度~
    PB2140 初等理科教育法 1 単位目
    『未来の科学教育』板倉聖宣(仮説社)
    1.「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」にてついて、テキストから学んだことをまとめ、それにつ
    いての私見を述べよ。
    2.「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、それについ
    ての私見を述べよ。
    1.これまでの理科教育はしばしば「事実をもとにして考えさせることが大切だ」といわれてきたが、
    この考え方こそがこれまでの理科教育をゆがめてきた。今日の理科の授業では子どもたちは教科書を持
    ち、教師は自分で教案をつくりそれにしたがった授業展開をしているが、教科書を読むということで授
    業の展開がみえてしまう。予習することは決して悪いことではない。しかし、その事がクライマックス
    を知ってから映画を見て、あるいはオチを知っているのにお笑いを見て、「やっぱりね」と確かめる状態
    を招いてしまっているのである。
    昔から理科教育では「理科の教科書は予習させてはいけない」「教科書を使うべきではない」という考
    えがあったがために固定教科書は作り出されなかったが、現場の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。