PB2020理科1単位目

閲覧数266
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育学部合格レポートです。お役に立てれば幸いです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    2015年度~
    PB2020理科1単位目
    『未来の先生たちへ』小原茂巳著(仮説社)
    1.「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    2.理科の授業における「予想」の意義について述べよ。

    タグ

    明星大学

    代表キーワード

    明星大学理科PB2020

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2015 年度~
    PB2020 理科 1 単位目
    『未来の先生たちへ』小原茂巳著(仮説社)
    1.「児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか」についてテキストから学んだことをまとめ、
    それについての私見を述べよ。
    2.理科の授業における「予想」の意義について述べよ。
    1.児童・生徒が歓迎する理科の授業とはどういうものか、一言で言うと楽しい授業である。とはいえ、
    いくら知識のある教員が一生懸命努めても、具体的な教育の手段がないことには成り立たない。今日の
    理科の授業では積極的に参加できる授業が理想といえるが、どうしたらなれるのだろうか。
    まずは、教員が子どもに出題する問題の選定が鍵となる。例えば、<テキスト P17 アリの足>の問題
    であるが、考える価値のある問題である必要がある。見たことがあるのはもちろん、子どもの頃であれ
    ば尚更じっくりと夢中になってアリを見たことがある子どももいるかもしれない。しかし、いざ絵を描
    こうとなると、そこまで意識してアリを見ていなかったことに気がつく。考える価値があることによっ
    て、予想を立てることが出来る、すなわち、実験結果や答え合わせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。