【日大通信】刑法Ⅰ(K20300)新教材 課題2  合格レポート 【2019~2022年度】

閲覧数352
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【日大通信】刑法Ⅰ(K20300)新教材 課題2  【2019~2022年度】の合格リポートです。

    私が提出して合格した内容をそのままアップロードしています。
    講評等で指摘された内容は修正しておりません。

    あくまでもリポート作成の参考程度としてお使いください。(丸写しなどはご遠慮ください。)
    また、ご使用は自己責任でお願いします。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】刑法ⅠK20300新教材 課題2 合格レポート
    【20192022年度】
    【日大通信】刑法ⅠK20300新教材 課題2 合格レポート 【20192022年度】
    〈課題〉43
    条本文が定める未遂犯の成立要件と、その効果である刑について、また、同条但書が規定する中止
    未遂の趣旨とその要件、効果について。
    〈ポイント〉 実行の着手、結果の不発生、刑の任意的減軽と必要的減軽、中止犯の政策的基礎
    〈キーワード〉自己の意思による中止の意義
    〈参考文献〉『刑法講義総論』前田雅英東大出版会、『刑法総論』西田典之弘文堂、『刑
    法総論』山口厚有斐閣
     未遂とは、刑法43条の「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった」ことをいい、刑を減軽する
    ことができる。これを刑の任意的減軽という。このうち刑法43条ただし書きの「自己の意思により
    犯罪を中止したとき」は、刑が減免される。これを刑の必要的減免という。前者が障碍未遂であり
    、後者が中止未遂である。さらに障碍未遂は実行行為自体が終了していない着手未遂と、実行行為
    は終了していたが結果が生じない実行未遂に分けられる。そして、未遂犯は犯罪が開始された後の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。