経済学原論 課題1

閲覧数309
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    合格をいただいたレポートになります。
    ぜひ参考になれば幸いです。
    また、丸写しでなどのような行為はお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1
    大幅な変化を示しやすいこ を 需要 弾力性も供給
    弾力性も小さいこ を前提 し 需要・供給曲線を用い 説明しなさい。

    ・ 対する需給 反応 違い。
    ・需要 弾力性 よる需要曲線 傾き 違い
    ・供給 弾力性 よる供給曲線 傾き 違い
    ・需要・供給曲線 シフ 変化

    需要 弾力性 供給 弾力性 需要曲線 シフ 供給曲線 シフ
    参考文献〉
    『ミクロ経済学』嶋村紘輝著(成文堂) 『ミクロ経済学』関谷喜三郎(創成杜)
    別紙 需要 弾力性が ならず なるこ も く
    ・ 対する需給 違い
    対する需給 違いをまず 較する。これらを 較する前提 し それぞれいくつ
    抑え おくべき特徴がある。まず、 関し は生 量が季節 左右され しまうこ 、そし 長期保存 が
    可能。 いう点である。 つい は、原材料 調達 対する依存、生 設備 維持 依存する。 言
    う点がある。
    需給 は三つ 特徴がある。まず、一つ目は同一 質、同一規 で 生 が困難 いうこ である。商
    化するため 一 規 基づく選別が 可欠であり流通経費が高くつく。二つ目は生活必需 である点であ
    る。消費..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。