慶應通信 地理学I 合格レポート

閲覧数358
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    慶應義塾大学経済学部通信教育課程で合格をいただいたレポートです。トランスナショナル化を推進したモジュラー化(モジュール化)について説明する内容です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理学 I
    問.トランスナショナル化する社会とは国際分業が高度に発達した社会でもある。国際分業が高
    度に展開するためには製品の「モジュラー化」について理解する必要がある。
    これを受けて「モジュラー化」について、その内容を論じなさい。この時に以下の 2点につい
    て注意を払うこと。(その1)テキストで取り上げてない事例を用いること。(その2)「モジ
    ュラー化」が生産について与えた影響についても言及すること。
    序論
    主に製造業でみられる国際分業の発展に貢献してきた製品のモジュラー化に対して、本論文で
    は、モジュラー化が産業社会に与えた影響や、実例について述べていく。モジュラー化の将来的
    な展望についても言及する。
    第一節は社会のトランスナショナル化に伴って現れたモジュラー化について、第二節はモジュ
    ラー化が生産に与えた影響について、第三節はモジュラー化の成功例について、第四節はモジュ
    ラー化の未来予測について述べ、モジュラー化の全容を明らかにしていく。
    本論
    第一節:社会のトランスナショナル化に伴って現れたモジュラー化
    本学の教科書「地理学 I」によると、モジュラー化とは、製..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。