東北福祉大学 障害者福祉論 1単位め

閲覧数184
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【良】の評価の合格レポートです。
    ○ノーマライゼーション、リハビリテーション
    ソーシャルインクルージョンの理念のまとめの参考に!

    東北福祉大学
    (科目)障害者福祉論 CD2118
    (課題)ノーマライゼーションおよびリハビリテーションの理念についてまとめ、基本的な考え方について述べなさい。また、その実現のためにはどうしたらよいか、テキストに取り上げられている取り組みなどを参考に、あなたの考えを述べなさい。
    (文献)『障害者に対する支援と障害者自立支援制度[第4版]ー障害者福祉制度・障害者福祉サービス』弘文堂

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    障害者福祉論 (CD2118 )合格レポート 2019 年度
    【課題】 ①→1 単位め ④→4 単位めとなります。
    ①ノーマライゼーションおよびリハビリテーションの理念についてまとめ、基本的な考
    え方について述べなさい。また、その実現のためにはどうしたらよいか、テキストにとり
    あげられている取り組みなどを参考に、あなたの考えを述べなさい。
    (解答)
    ①これからノーマライゼーション、リハビリテーションの基本的な考え方をまとめ、そ
    のうえで実現のためにはどのような課題があるか考察する。
    はじめに、ノーマライゼーションの考え方について述べる。ノーマライゼーションの生
    みの親であるバンク・ミケルセンの定義では「障がいのある人たちが、障がいがありなが
    らも普通の生活が出来る社会環境をつくること」である。ここで理解するべきことは、障
    害がある人たちをノーマルに変えるのではなく、社会環境が障がいのある人に対してノー
    マルであるべきという考え方である。この理念が生まれた背景には、知的障がい児者の人
    権擁護がある。第二次世界大戦中、デンマークで新聞記者をしていたバンク・ミケルセン
    はドイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。