☆明星通信 初等理科教育法1単位目 1単位目 合格レポート2020年度☆

閲覧数256
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    この科目は、先ず、『いかにして教科書の内容を深く理解しているか』、『教科書以外にも教育問題に関する文献を読んで、理科教育に対する問題意識を持っているか』等が評価されます。また、『児童側からの立場になって考えられているか』、この3点が重要となり、作成に時間を要します。そのような状況の中で、お忙しい学生さんのお力になれればと考え、投稿いたします。

    1.「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。

    2.「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆明星通信 初等理科教育法 1 単位目 1 単位目 合格レポート 2020 年度☆
    課題
    1.「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」について、テキストから学んだことをまとめ、
    それについての私見を述べよ。
    2.「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、
    それについての私見を述べよ。
    講評
    よくまとめられています。このレポートに書かれたことを今後に、いかしてください。
    1 これまでの理科教育の問題点は 4 つ挙げることができる。以下に記した上で私の考えを述べる。これ
    までの理科教育の問題点の第一は、教科書が試験本位に作られており教師が授業で実験や観察を行わず
    とも。試験で出題される実験や観察に関する『問題に児童が対応できることを目的』に、教科書に実験
    や観察の結果が掲載されていることである。 このことは児童が実験や観察の結果を主体的に考えて予想
    し、意欲的に実験や観察に取り組むことを不可能にしてしまう問題点の第二は、授業で児童が取り組む
    問題が 児童の興味関心を引かない点であり、『何の役に立つのか不明の退屈な問題である』ことである。
    問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。