【社会保障】東北福祉大学 社会保障論 ★①単位+②単位レポートセット★

閲覧数472
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    評価【優】の合格レポートセットです。
    ①単位②単位共に【優】をいただいています!

    ○社会保障の概念・役割の考察の参考に!
    ○イギリスと日本の社会保障の変遷の考察に!

    東北福祉大学
    (科目)社会保障論 CA4107
    (課題)①私達の生活環境の変化を踏まえながら、社会保障をどのように理解したらよいか。そして、現代社会において社会保障(制度)が果たしている役割について述べなさい。
    ②イギリスと日本の社会保障の歩みを概観し、貧困観の変遷や社会保険と公的扶助の統合の仕方に留意しつつ、社会保障の成立過程にみられた特徴をそれぞれ述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    社会保障論 1 単位目
    (課 題)
    私たちの生活環境の変化を踏まえながら、社会保障をどのように理解したらよいか。そ
    して、現代社会において社会保障(制度)が果たしている役割について述べなさい。
    (解 答)
    これから、戦後の日本において、どのように社会保障制度が形成されたかを考察し、そ
    の上で社会保障の役割についてまとめる。
    日本で本格的に社会保障制度の基礎が作られたのは、第二次世界大戦後である。当時戦
    後の混乱期においては、貧困に対する救貧と防貧が必要であったことは言うまでもない。
    日本の社会保障の変遷は、戦後に制度とし整備され、高度成長期で拡大、成長していった。
    1950 年の社会保障制度審議会勧告は、日本の社会保障制度のあり方として有名である。こ
    れによると、疾病、負傷、分娩、廃疾、老齢、失業、多子などが困窮の原因であるとされ、
    これに対し、このリスクを保険や公の負担で予防し、さらに困窮に至った人へ対し国家扶
    助で救済するという二段構えで国民の生活を保障している。国民皆保険・国民皆年金が実
    現した後の 1962 年、社会保障制度審議会は、防貧により注力するため、低所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。