社会福祉士養成校課題 相談援助実習

閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助実習
    課題「バイスティックの7原則」について具体的な面接場面を例に挙げながら
    説明し、また「コミュニケーションを阻害する表現」について、どのようなも
    のがあるか記述しなさい。
    援助者と相談者間の援助関係の最も基本的な原則を示したもののひとつに
    「バイステッックの7原則」がある。これはアメリカの社会福祉学者フェリッ
    クス・P・バイステックが 1957 年に発行した著書「ケースワークの原則」で記
    した作法で、現代においてもケースワークの基本として認識されている。この
    原則の特徴は7つの原則の源泉が人間の基本的欲求に根差していることである。
    これらのニーズから導きだされた原則は援助者の行動原理とも言える。
    1個別化の原則 一人ひとりの相談者がそれぞれに異なる特性を持っているこ
    とを認め、そのことを理解することである。それは相談者が不特定多数の中の
    一人としてでなく、独自性をもつ特定の一人の個人として認められる事であり、
    対応されるべきであるという人間の権利に基づいた援助の原則である。
    面接場面を考えると、外見的に同じようなケースに見えても、人は皆それぞ
    れ育ってきた環境が違い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。