資料:11件

  • 中央大学通信過程2020年生物学第1課題[評価A]
  • [問い]個体群動態を表すロジスティクモデルでは、Nが大きくなってKに近づくと(K-N)/Kは1より小さい値を取り、ロジスティク曲線はNに応じて指数関数の曲線から下方に離れる。この現象を、「ある小さな島に生息するネズミの個体群」を例として、具体的に説明せよ。
  • 770 販売中 2021/01/12
  • 閲覧(361)
  • 中央大学通信2020年国際法第1課題 [評価C]
  • 領域主権の効果として国家管轄権が当該国家の領域に及ぶことは当然であるが、当該領域を越えて国家管轄権を及ぼす場合の根拠としてどのような考え方が発展してきたか、5つの考え方につき、その根拠、それらの形成や確認に関連する具体的な事例や立法例、条約例を示して論ぜよ。その..
  • 660 販売中 2020/09/04
  • 閲覧(681)
  • 中央大学通信 2020年商法(会社法)第1課題(B)
  • 1  1. 会社は自然人と違い、肉体や思考を有しないので、その意思決定と実行する行為主体 を設定する必要がある。この行為主体によって構成され設置される組織を機関とよぶ。株 式会社は、意思決定機関として、株主により公正される株主総会(295 条)、業務執行機関 として、株主総..
  • 660 販売中 2020/07/30
  • 閲覧(1,000)
  • 中央大学通信 2020年商法(会社法)第2課題 [評価B]
  • 1  1. 問題点  解職動議の対象である代表取締役が、特別利害関係を有するかどうか、つまり、当該決議 に議決権を行使できるかどうかが問題である。もしこれを有すると認められるのであれば、 第 369 条 2 項の規定により、取締役会において議決権を行使することができない。この取..
  • 660 販売中 2020/07/30
  • 閲覧(906)
  • 中央大学通信 2020年民事訴訟法第2課題 [評価B]
  • 1  (1)Yの陳述の効果と趣旨  当事者の一方が口頭弁論期日または弁論準備手続期日において、相手方の主張する、自己 に不利益な事実を認める陳述をすることを裁判上の自白という。この自白の要件は、1.口 頭弁論期日または弁論準備手続期日における裁判上の陳述であること 2.相手..
  • 660 販売中 2020/07/30
  • 閲覧(1,133)
  • 中央大学通信2020年労働法(集団的労働法)第2課題[評価B]
  • 中央大学法学部通信教育課程  Word 用レポート原稿用紙(ダウンロード用)  1 / 4  201904-1  1. 団体交渉権の保障  労働組合がその目的を達成するための中心的な手段である団体交渉は、憲法 28 条が保障し ている。これは単に団体側の権利であるだけでなく、使用者に対し、団体交..
  • 660 販売中 2020/07/30
  • 閲覧(635)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?