国語音声学【分冊1】

閲覧数333
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 11ページ
    • 会員648円 | 非会員777円

    資料紹介

    【日大通信】国語学概論(M31400)課題1 2019~2022年度

    「国語学概論」分冊1の合格リポートでございます。

    課題:以下の(1)~(5)について,番号順に記述しなさい。
    (1 )調音的観点に基づくと,日本語には母音とも子音とも分類しがたい音声がある。
    それはどのような音声か該当するものを音声記号で示し,その理由を示しなさ
    い。
    (2 )機能的観点からみた場合,(2)で取り上げた音声は母音あるいは子音のいず
    れかに分類される。機能的観点の説明と,母音または子音と分類される根拠に
    ついて説明しなさい。
    (3 )一方,(3)の観点を導入すると,日本語には都合のよくない例がある。その
    具体例を,音素記号で示しなさい。
    (4 )(3)の例を音声記号ではなく,音素記号で示すよう指示された理由は何か。
    具体例を挙げながら,説明しなさい。なお,
    具体例は音声記号とともに記し,教科書に
    掲載されていない単語を挙げること。
    (5)使用した参考文献を末尾の一覧に示すこと。

    少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。
    レポート執筆がんばって下さいね!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    20 × 10
    (1) 音 声 の 生 成 に は 、 呼 気 ・ 発 声 ・ 調 音 と い う
    三 つ の 大 き な 要 素 が 認 め ら れ る 。 こ れ に 即 し
    て 音 声 器 官 を 大 別 す る と 、 肺 臓 が 呼 気 の 生 成
    に 、 咽 頭 が 発 声 に 、 咽 頭 よ り 上 の 諸 器 官 が 調
    音 に 、 そ れ ぞ れ 関 与 し て い る 。
    母 音 調 音 時 の 声 道 に は 、 気 流 を 阻 害 す る 顕
    著 な 狭 窄 が 存 在 せ ず 、 そ の 音 色 は 声 道 全 体 に
    よ っ て 決 定 す る 。 一 方 、 子 音 調 音 時 に は 、 声
    道 中 の ど こ か に 顕 著 な 狭 窄 な い し 閉 鎖 が 存 在
    し 、 そ こ で 何 ら か の 音 が 発 生 す る 。 妨 害 が ど
    20 × 10
    こ で 行 わ れ る か ( 調 音 の 場 所 )、 ど の 様 に し て
    作 ら れ る か ( 調 音 の 方 法 ) に よ っ て 子 音 の 種
    類 が 決 ま る 。 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。