西洋史概論 分冊2

閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    合格リポートです。あくまで参考にご使用下さい。不合格になった際も責任は負いかねます。
     
     フランス革命について述べなさい。

    参考文献:『フランス革命 歴史における劇薬』、『フランス革命 「共和国」の誕生』、『フランス革命 パリと民衆』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    革命とは一般的に色々な歴史的条件が複合した時に起こるものであるが、フランス革命
    の場合も幾つかの条件が複合して起こったと考えられる。フランスの革命前の旧体制は、
    アンシャン・レジームとよばれ、三つの特徴を持っていた。第一に身分制、第二に領主制、
    第三に絶対王政である。身分制や領主制は、もっぱら貴族だけに有利な特権を与える制度
    であった。
    フランス革命の発端をしるしたのは貴族の革命である。1787 年 2 月に財務総監カロンヌ
    は、財政改革案を携えて「名士会」を招集した。しかし、これは貴族の特権を脅かすもの
    であった為、名士達はカロンヌを罷免させ、後任者ブリエンヌの提案も拒否し、1788 年夏
    には翌年 5 月に全国三部会の開催を約束させた。こうして諸社会集団を統合していた絶対
    王政の統合力が破綻し、諸階層による権力奪取の闘争が展開されることになる。
    全国三部会は、その採決方式を巡って身分別を主張する特権層と、合同方式に固執する
    第三身分が対立した。そのような中、国王は譲歩して特権 2 身分の第三身分への合流を勧
    告し、7 月 9 日に「憲法制定議会」が発足した。また全国三部会におい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。