【ソーシャルワークⅠ② A評価】ソーシャルワークの理念について述べよ

閲覧数838
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/05/09 11:22
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    レポートを作成する際には、図書館で最新・最適の参考文献・資料を探しました。
    また、公官庁のデータも、レポート作成時点において、最新のデータを用いています。
    さらに、誤字や脱字、文章構成についても細心の注意を払い、そうした形式面でのミスは
    最小限度に抑えています!


    レポートで何を書いていいのか分からない方や、
    なかなかレポート作成のための時間を作れない社会人の方、

    私の資料が、社会福祉士を含む福祉専門職を目指す、
    通信教育学生(特に社会人!)の方の勉学の一助になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「ソーシャルワークの理念について述べよ。」
    1.はじめに:ソーシャルワーク実践と価値
     ソーシャルワーク(以下、本文中ではSWとする)実践を行う上で、最大の拠り所の1つとなるのは、SWの価値や理念である。
     この点、マックゴーワン=マディソンは、価値がソーシャルワーカー(以下、ワーカーとする)の判断に影響を与える場面を①対象者の選定及び支援の方向性、②SW実践における時間及び社会的資源の配分方法、③支援の際に用いるアプローチや方法、及び④実際の支援の場面における都度の判断、といった4つの場面に分類している。
     以上のように、SW実践は、ワーカーの瞬時の判断と行動の積み重ねによってなされるものであるが、このとき行動の指針となるのは、法律やガイドライン、これまで培ってきた経験則等も挙げられようが、基本となるのは、冒頭で述べたSWの価値や理念であろう。どれほど経験を積んだとしても、SWの価値や理念を身に付けていなければ福祉専門職者として適切な判断を見誤る恐れすらあろう。それゆえ、ワーカーは専門職としての共有する価値を第一義的な行動規範として実践を行うことが肝要である。
    2.ソーシャルワーカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。