8. 科目名「精神保健福祉援助技術総論」 題「精神障害者に対するケースワークの基本的視点について」

閲覧数528
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字前後
    総合評価:B

    評価ポイント

    ●文章構成が適切である:良い
    ●課題の趣旨を理解している:良い
    ●趣旨が通っている:良い

    採点者からのコメント

    「ケースワークの基本的視点がよくまとめられています。PSWの立場からは、精神障害の特性である疾病と障害の併存、薬の副作用や未だ差別と偏見のある社会の壁を踏まえたケースワークを行う必要があります。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:精神保健福祉援助技術総論
    題:精神障害者に対するケースワークにおいて PSWが持つべき基本的視点について
    精神保健福祉分野のケースワークは、利用者や家族からの相談に応じ、対人関係を通じ
    て相談者が抱える様々な問題の解決を支援していく技法である。以下に、ケースワークに
    携わる際に PSWが持つべき基本的視点について、バイステックが提示する7つの原則に沿
    ってまとめる。
    個別化の原則は、クライエントの独自性や個人としての尊厳は、尊重されるべきだとす
    る原則である。PSWは、クライエントが一人の人格として持つべき権利に常に意識を払い、
    同じ疾病であっても、個人が抱える「生きづらさ」は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。