資料:11件

  • 小児のバイタル測定と身体標準値
  • 小児のバイタル測定と身体標準値について 体温測定 体温測定は、健康状態を確認するために健康児に対しても行われる。小児 の年齢 B病状によって適切な方法を用いる。小児の体温は特別の事情がない 限り常に同じ方法で測定する。 電子体温計を使用するときは、実測式であるか予測式..
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(5,758)
  • 看護計画・IABPの挿入患者
  • 看護計画 氏名      担当看護師[  ]    H 年  月  日 看護目標   短期目標  立案日 /   立案日 /  立案日 /  # 問題点 具体策 評価 #1 ♯1.心臓ポンプ機能の低下に関する低心拍出量症候群状態 ♯2.IABP作動障害およびタイミングのずれに関連して、循環動態が悪化す..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(7,095)
  • 気管内挿管
  • 気管内挿管 目的  気管内挿管は最も有効な気道確保の方法で、換気や気道内分泌物吸引が確実に行なえるので救急蘇生時や呼吸管理に用いられる。  適応 心肺蘇生時の気道の確保  意識障害に伴う舌根沈下、誤嚥の防止など、長時間の気道確保が必要な時  気道内分泌物や出血が多量で自..
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(7,246)
  • 生理的体重減少
  • 生理的体重減少 生後3~4日経つと体重は3~10パーセント減少する →胎便、尿、不感蒸泄、哺乳量などで排泄、栄養水分の摂取不良、組織液の消失(不感蒸泄)が、摂取量より多いために起こる 体重減少率の判断 体重減少率の求め方 (出生時体重)-(現在の体重)÷(出生時体重)×10..
  • 550 販売中 2009/04/14
  • 閲覧(86,588)
  • 新生児蘇生法(挿管)
  • 新生児蘇生法(挿管) 目的  気管内挿管は蘇生の基本であり、新生児医療の中では頻繁に行われる手技である。気管内挿管を迅速かつ的確に行う事は、児の予後をも左右する。  気道の確保  効果的な補助換気  気管内分泌物の洗浄、吸引  サーファクタントの投与  適応 極度の換気不全..
  • 550 販売中 2009/04/14
  • 閲覧(4,009)
  • 超音波監視下経皮的腎瘻造設術
  • 超音波監視下経皮的腎瘻造設術   目的  種々の原因によっておこる尿管の通過障害による腎後性腎不全に対しての尿路変更  対象  尿管腫瘍、尿管結石、尿管狭窄、尿管奇形  禁忌  高度の肝臓腎臓障害、ヨード過敏、甲状腺機能亢進症  必要物品 持参物品 造影セット、滅菌手袋、GWセ..
  • 550 販売中 2009/04/13
  • 閲覧(2,836)
  • インスリン自己注射指導時のチェックリスト
  • インスリン自己注射指導時のチェックリスト 目的  退院後も、継続したインスリンによる薬物療法が必要な糖尿病患者に対し、患者自身がインスリン注射についての十分な知識を持ち、正確な手技でセルフケアを行っていけるようにすることを目的とする。  必要物品(ノボペンⅢを使用す..
  • 550 販売中 2009/04/12
  • 閲覧(16,292)
  • イレウス管挿入
  • イレウス管挿入 目的 イレウス(腸管の閉塞・狭窄)の診断  イレウスの保存的治療  腸管内での吸引・減圧及び閉塞部位の造影  必要物品  イレウス管(クリエ-トハイフロ-タイプ18Frまたは住友先端開口タイプ16Fr)、ガイドワイヤ-、排液チュ-ブ(太)、浣腸器2本、50ml注射器1..
  • 550 販売中 2009/04/12
  • 閲覧(7,485)
  • ノンコンプライアンス
  • 個人的習慣の変容が必要となることや食事制限をライフスタイルに組み込むことが困難であることに関連したノンコンプライアンス S ロ社会的役割(職業)ノンコン、 ロ家庭内での役わりノンコン、 □入院前の生活習慣ノンコン、 □指示された行動がとれない要因ノンコン、 O □治療に..
  • 550 販売中 2009/04/09
  • 閲覧(1,541)
  • 失語症病態レポート 8ページ
  • 1. 言語障害の種類 言語障害といっても、その内容はさまざまである。神経症候として重要なのは構音障害dysarthria、anarthriaと失語「症」aphasia、dysphasiaである。この両者は必ず鑑別すべきものである。構音障害というのは、発語に関係する神経や筋肉の障害によって起こり、う..
  • 550 販売中 2009/04/06
  • 閲覧(1,591)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?