代表キーワード :: 農学

資料:58件

  • タンパク質実験
  • タンパク質実験  <目的>  タンパク質の立体構造は、温度やpHによって容易に変化する。この実験では牛乳タンパク質の加熱凝固と等電点沈殿から、それらの性質を理解する。また、摂取したタンパク質は消化酵素によって分解されてから吸収される。この実験では、トリプシンによるタ..
  • 550 販売中 2006/12/16
  • 閲覧(83,174) コメント(3)
  • 糖質化学実験
  • 糖質化学実験 (10月27日~11月24日)   目的 糖の構成単位である単糖は、ポリアルコールにアルデヒド基もしくはケトン基が付いているという構造的特色がある。このため、還元性を持ち、単糖が二つ連なった二糖や、複数個連なったオリゴ糖なども還元性を示す。しかし、通常炭水化物..
  • 550 販売中 2007/07/02
  • 閲覧(47,168)
  • 重量分析・分光分析
  • 重量分析 分光分析                  重量分析(水分の定量)  〈目的〉  水の重さを正確に測り、その方法を習得する。電子天秤の取り扱いを習得する。 〈方法〉  器具:秤量瓶、デシケーター、るつぼばさみ、電子天秤   秤量瓶をよく洗い115℃の定温乾燥機に入れ、約30分乾燥する..
  • 550 販売中 2007/07/04
  • 閲覧(20,158)
  • 酵素の反応速度論
  • 酵素実験1  目的 私たちの体は摂取した食物を多くの化学反応で変化させながら生命を維持しているこれら無数の反応は、触媒としての酵素の働きにより速やかに進められている。例えば消化酵素で分解したときの速度は、酵素を使わずに分解するよりも数十万倍も速くなる。 酵素反応には..
  • 550 販売中 2007/02/16
  • 閲覧(19,056)
  • 味の官能検査
  • 1. 実験目的 官能検査の手法を理解し、自らの適性と検査に影響を及ぼす因子として温度を選び味応答を調べる  今回の実験では味の濃度差識別テスト、5味の識別テスト、食品の味の識別テストを行った。 そこで実験1の味の濃度差識別テストについて考察した。 20〜22才の..
  • 550 販売中 2005/07/25
  • 閲覧(10,685) コメント(14)
  • 食品のpHの測定/緩衝作用の簡易な観察
  • 目的 Phは水溶液の酸性、アルカリ性の強さを示す指標である。一般に食べ物のphは酸性側にあり、アルカリ性ではまずく感じる。pH3近くでは酸味を感じるようになる。pH試験紙、pHメーターにより身近な食品のpHを測定し、舌に感じる味との関係を調べた。 〜pH試験紙による測定・みそ..
  • 550 販売中 2006/10/14
  • 閲覧(9,500)
  • ビタミンCの定量
  • 緒言 ビタミンとは「体内の代謝をはじめとする種々の生理現象に重要な役割を演じ、しかし体内で生合成されない為に外部から摂取しなければならない微量必須の有機化合物」である。 ビタミンCはアスコルビン酸といいビタミンの中で一番最初に化学構造の決定、合成が行われたもので..
  • 550 販売中 2006/10/14
  • 閲覧(9,478)
  • 乳酸脱水素酵素を用いた実験
  • 酵素実験2  目的  酵素反応には第9章の基質濃度と反応速度のほかに、反応液中の温度やpHにより反応の仕方が異なる性質がある。この実験では、乳酸脱水素酵素を用いて、酵素反応の温度および、pHの影響と補酵素の重要性を理解する。 結果 実験1 温度と補酵素の影響 補酵素あり 補酵..
  • 550 販売中 2007/02/16
  • 閲覧(8,881) コメント(1)
  • 廃棄率食品の体積と重量の関係(比重)固形食品の体積の測定と比重
  • 「廃棄率」 目的 … 日常よく用いられている食品の廃棄量を測定し、廃棄率を知る。 試料 … じゃがいも ・ 卵 ・ あじ ・ 人参 器具 … 天秤 ・ 包丁 ・ 一般調理器具 操作 …  ?じゃがいもをよく洗い、キムワイプで水気を拭いた後、重量を測定した。 ?じゃがいもの皮を包丁..
  • 550 販売中 2006/10/14
  • 閲覧(8,646)
  • 着色料の分離および同定
  • (1)毛糸染色法 「目的」  毛糸染色法で食品中の色素を抽出する方法を習得し、染色毛糸の酸・アルカリに対する反応を観察し、判定の基準にするため行った。 「試料」 商品名…サイダーボールラムネ 種類別名称…清涼菓子 原材料名…砂糖、コーンスターチ、酸味料、香料、着..
  • 550 販売中 2006/10/14
  • 閲覧(7,333)
  • 亜硝酸ナトリウムの定量
  • 1. 目的 ハムやソーセージなどの食肉加工品中の亜硝酸イオンの定量を行う。 さらに既知濃度の亜硝酸ナトリウムを試料に加え、算出された定量値から本実験の添加回収率を検討する  .方法 1−2個の乳鉢に細かく切った試料約2.5gを入れた 2−一方の乳鉢には蒸留水5m..
  • 550 販売中 2005/07/24
  • 閲覧(6,209) コメント(9)
  • バイオセンサー
  • 1. 原理 この実験で使用するグルコースセンサーはグルコースオキシターゼを固定化酵素膜と酵素電極により構成される。このセンサーをグルコースを含む試料溶液中に挿入すると、グルコースはグルコースオキシターゼの作用によってグルコノラクトンと過酸化水素に分解される。この..
  • 550 販売中 2005/07/27
  • 閲覧(5,605) コメント(14)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告